tamahoncafe

日々のパンづくり・お菓子づくりなどの雑記ブログです。

スポンサーリンク

いちじくとくるみ黒糖の先が細いバゲット風

そのまま食べれる

くるみ黒糖を使って

バゲット風のパンを作りました(*´꒳`*)

 

f:id:tamahoncafe:20180327064107j:image

 

今日はリスドォルという粉を使いました。

フランスパンなどに使用される粉です。

このリスドォルも大好きな粉です♪

 

 リスドォル(日清製粉) 1kg

いちじくは小さく切って

くるみ黒糖は手でパキパキと

折って入れます。

 

f:id:tamahoncafe:20180327064432j:image

 

あとはブレンダーで混ぜていきます。

ドライフルーツを入れると

最近生地が柔らかくなりすぎていたので

いつもより牛乳の量を少なくしてみました。

でもまだ柔らかくて手にもつく感じでした。

 

f:id:tamahoncafe:20180327065041j:image

 

今回は型に入れずに成形をするので

ライ麦粉を大さじ2ほど増やしました。

生地がまとまりにくい時は少し粉を

足すといいですね(^-^)

 

f:id:tamahoncafe:20180327065905j:image

 

いい感じにまとまりました。

水分の量は粉全体の70%くらいが

ちょうどいい感じなんですが

(パン用語でベーカーズパーセントといいます)

 

70%というといつも思うんですが

地球といっしょだな…と思います。

だいたいの割合ですが海70:陸30を

思い出すんですよね…。

 

 

作る人によっても違うのと

使用する粉や材料によっても違いますし

住んでいる地域と季節など

さまざまな影響を受けるので

パンづくりっておもしろい…!♪( ´▽`)

 

f:id:tamahoncafe:20180327071847j:image

 

この状態で一次発酵していきます。

 

f:id:tamahoncafe:20180327072023j:image

 

はい、一次発酵後のパン生地です。

 

f:id:tamahoncafe:20180327072308j:image

 

パンチをして中のガスを抜いて

8等分にします。

10分ほど生地を休ませます。

 

f:id:tamahoncafe:20180327072631j:image

 

生地を休ませたあとは

成形をしていきます。

先を細くして長くしました。

バゲットは杖とか棒の意味だそうです。

天板に8本並べるとくっつくので

半分づつ並べました。

あとは二次発酵をしていきます。

 

f:id:tamahoncafe:20180327073442j:image

 

二次発酵が終わりました。

200℃〜190℃に温めたオーブンで

15分ほど焼きます。

 

f:id:tamahoncafe:20180327073751j:image

 

焼けました〜(*´꒳`*)

もう少し先を細くして

きれいな形にできたらいいのに(*´-`)

 

 

味はおいしかったです♪

今度は何作ろうかな(о´∀`о)

 

 

 

 

 お菓子、パン作りなら【TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ】

 

 

 

スポンサーリンク